<< 友達のお陰で荒れた自宅敷地が綺麗に変身しつつあります | main | 古民家の庭「敷石作業」 切石は伊那の石工が加工した物 >>

我が家の温泉は昨年暮れよりガスの湧出がずっと続いています・・・そしてM4.6の地震が

 

 

昨日は群馬南部(渋川市赤城町)で震度4,6の地震が、今日は大阪周辺で地震が発生

赤城温泉は大久保断層(柏崎〜銚子構造線)を起因とした818年(弘仁9年)に起きたM7.5の地震により出来た割れ目から温泉が湧出したと埼玉大学の角田先生が御教示して下さいました。

今回、この断層が起因との話が出ていますが、私は違うと思います。

実は、我が家の温泉は炭酸泉です、通常でも温泉井ではガスが出ていますが、浴槽で湧出ガスが確認出来るのは年数回で出ている期間は1〜2週間です。3.11の大地震時にはボコボコとガスが出ました、合わせて温泉も1.5倍ほど湧出しました。

しかし、その後は2年近くガスは止まったままでした。

基本的には茨城県周辺や埼玉南部で起きる地震に起因してガスが湧出する場合が多いいと感じています。

しかし今回は昨年暮れから今までかなりのガスがずっと続いて出ています。

しかし、今回の地震後に確認していますが、何ら変化は有りません。

何か地下で異変が?・・・そんな事を考えながら入浴していました。