<< 台風の事ばかり気にしていましたが・・・ | main | 赤城山 赤城神社秋祭り 全日本戸山流居合道連盟の皆さんに依る 奉納 流鏑馬 居合抜刀術 >>

名取芳彦師(東京都江戸川区鹿骨)真言宗豊山派・密蔵院御住職による法話

昨日、菩提寺金剛寺(住職・志田洋遠師)に於いて法話の講演会が催されました。
講師の先生は東京都江戸川区鹿骨にある真言宗豊山派「密蔵院」御住職の名取芳彦(なとりほうげん)師です。昨年、豊山派中部地区研修会の講師としてお招きされており、その折の宴席会場で先生に赤城の麓に御足労して戴けないかお願いしたところ快諾して下さりました。これも仏様が結んで下された御縁と役員一同うれし涙を・・・小さな声で合唱?(合掌)しております。
先生が、日頃不要になった空箱等の紙を利用して書かれている一言とお地蔵様のお姿をそれらの紙に描いた色紙を参加者御一人に三枚宛て戴きました、私は早速額に入れ飾らせていただきました。