<< あけましておめでとうございます! | main | 佐野藩・堀田正路海軍大尉・・・佐野城大手門を東光寺に移築・・・ >>

下野・佐野藩・堀田摂津守様・御領地・上州勢多郡苗ケ島村

我が苗ケ島町は幕末まで佐野藩領でした。

その苗ケ島の地の中でも文化文政の頃、一時期我が家の周り8軒だけ天領になっていた時期があります。

ですから苗ケ島村の中に2名の名主が存在したのです。

 

さて実は年末近所にある一族の家で蔵の取り壊しがあり、文書等がある筈と伺いました。

尋ねたところ、古い絵図面が一枚と板に書かれた看板状の物が数点出て来たと・・・

拝見させてもらった貰ったところ、明治2年に描かれた絵図でした。それは苗ケ島村の部落各戸の家々の戸主名が一軒一軒の屋根の部分に書かれていました。

 

そこで絵図をお借りして各戸の戸主の名前を調べていました・・・約100軒余の家が描かれおり、屋根の部分に戸主名が朱文字で書かれています。150年余り経過していますので消えかかり判読不明の様な文字も・・・・それに今は無くなっている家もありますので調べるのに少々難渋しました。

明治2年からさかのぼる17年まえ嘉永4年(1851年)の五人組帳とお寺の過去帳から不明者の名前を探し出し・・・

 

 

それと高札場に掲げられていた高札でした。

1枚は明治政府による太政官布告

 

 

あとの布告板は

文化3年(1806年)に佐野藩が出した布告です。

文化3年から御維新までの62年間、高札場に掲げられていたので高札の文字は消え去ってしまい、後ろの文字のみが鮮やかに残っているだけです。

墨の跡がこん盛り残っているので、なぞれば判読は可能と思われます。

 

明治2年当時、この家の当主が名主をしていますので、古い掲示板を外し自宅に保管したものと思います。

名主は佐兵衛・百姓代は佐治右衛門・組頭太右衛門